現代の名工技術を継承

舟木木工所

 

 

釘、接着剤を使わず木のみで作る「組子」アイテムはプレゼントにもオススメ

 

雲南市加茂町の『舟木木工所』は組子細工を使用した建具や家具など、木製製品を全般に扱っています。「組子細工」とは飛鳥時代から継承される日本の技術で、釘や接着剤を使わず、木のみで幾何学模様を作り出す技術のこと。

『舟木木工所』の舟木清さんは、木製建具職人として「現代の名工」のひとりに選ばれています。

舟木さんの元では、若い職人のみなさんがその技術を継承するため、日々製作に励んでいます。

組子の伝統的な技術を学ぶだけではなく、その技法と柔軟な発想を活かした作品も続々と誕生しています。クリスマスに向け、贈り物にもピッタリな小物や子ども向けのアイテムも。

工房では一般の方向けの見学や、組子のインテリアやコースターが作れる                            ワークショップ(要材料費)の受け入れもしています。

丁寧に教えてもらえるので、簡単なものであれば小学校低学年からでも                            体験が可能。事前に電話での相談のうえお越しください。

 

組子職人が作る1点物アクセサリー「Kino:e」

 

『舟木木工所』の商品で人気となっているのが『Kino:e』と名付けられたアクセサリーなどの小物たち。

組子の技術を使った繊細なピアスやネックレスのほか、自然の木目を生かしたブローチ、ネクタイピンなど(2500円~)。 着色料を一切使用しない自然な色合いや、木目の組み合わせは同じものはひとつとしてなく、まさに1点もの。

自然の木のやさしい手ざわりや色合いは、アクセサリーとして日々身に着けるのにピッタリ。使えば使うほど味が出そうです。

アクセサリーなどの商品は、好きなパーツを組み合わせたオーダーメイドのオリジナルアクセサリーの注文も可能。世界にひとつだけのアクセサリーは、自分用はもちろんプレゼントにもオススメです。

これからアクセサリーになっていく繊細なパーツの数々!好きな組み合わせでオーダーアイテムを作ることも可能。

 

冬のおうち時間が充実!親子で楽しむ「自然の木」で遊べるキットにも注目

 

そして、今冬新たに登場したのは、松江市の『いっしょに子育て研究所』の監修で完成した「木の街∞組子∞くみくむん」(3960円)。

組子の基本的な技術を使用し、自分だけの「木の街」を作れるキットです。こちらもすべてのパーツに着色料などを使用せず、自然の木のあたたかさや香りを感じてもらうことができます。

「くみくむん」のキットには、キレイな木目のパーツが40種類以上も同封。子どもから大人まで、想像を膨らませて個性あふれる街並みを作ってみましょう!

小さな町と大きな町の2つ作れるので、ぜひ親子で楽しんでみてくださ~い。

『舟木木工所』ではほかにも、組子体験ができるキット「くみこころ」(2500円~)や、組子コースターの作成キット(1100円)なども販売中。日本の伝統文化や自然の木に触れることができるアイテムは、おうち時間の充実にも役立ちそう!

今回ピックアップした商品は、工房のほか、ネットショップ・山陰いいもの5つ星ショップでも購入できますよ。

そのほか、雲南市『道の駅おろちの里』、『国民宿舎清嵐荘』、マルシェリーズ内『ローズマリー』、奥出雲町の『亀嵩温泉 玉峰山荘』でも展示販売していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

*舟木木工所へ直接訪れる場合は、事前に電話連絡のうえお越しください。
*工房でのワークショップは1グループにつき最大5名まで。体験日時は応相談。

 

情 報:Instagram *商品の購入は山陰いいもの5つ星ショップ

 

情報提供元:日刊webラズダ   https://www.lazuda.com/news/archives/2699

名 称 舟木木工所
住 所 島根県雲南市加茂町三代525
電話番号 0854-49-7301
営業時間 10:00~17:00
定休日 土・日曜
駐車場 3台(最大5台)