松江の老舗洋食店

レストラン『西洋軒』

 

 

3代にわたって受け継がれるオムライスは昔ながらの正統派

 

島根県松江市に店を構える『レストラン西洋軒』は昭和7年創業の老舗の洋食屋さん。地元の人なら誰もが知っているであろう名店中の名店です。

 

今なお昔ながらの味を守り続けていて、家族2世代、3世代に渡るファンも多いという『西洋軒』。子どもの頃に、家族に連れて来てもらっていたなぁ、なんて地元民も多いのではないでしょうか。

しばらくぶりに訪れても、あの頃のようにいつでも温かく迎え入れてくれる、そんなアットホームな雰囲気も魅力です。

 

『レストラン西洋軒』のお店の場所

 

松江市片原町の京橋川沿いにある『レストラン西洋軒』。どこかレトロな雰囲気のレンガ造りの外観が目印です。

近くには松江城や堀川遊覧船乗り場などがあり、地元のファンだけではなく、評判を聞きつけた観光客なども足を運びます。駐車場は3台ほどありますが、満車の場合には近隣にコインパーキングなどもあるのでそちらを利用しましょう。

 

秘伝の自家製デミグラスソースを使ったメニューが人気。特にイチオシはTHE洋食な「オムライス」

 

創業当時から約90年、変わらぬ味を提供し続け、松江市民から長~く愛され続ける『西洋軒』。

オムライスやハヤシライス、クリームコロッケ、ビーフシチューなどなど、いわゆる定番の「THE洋食」なメニューがずらりとラインナップ。どれも老舗洋食店ならではの本格的な味わいで、特に、自家製のデミグラスソースを使ったメニューに人気が集まります。

 

「オムライス」(単品900円)

 

ふわトロ系オムライスもいいけど、なんか落ち着くというか、原点回帰というか、ホッとする味。

デミグラスソースも幼い頃食べた印象と変わらず、例えば超久々に食べた、なんてシチュエーションでも、懐かしい味が温かく迎え入れてくれるそんな感じ。

オムライスが「おかえり~」って言ってくれてるような…(空耳)。うかつにも涙が出そうだ…。

 

じっくり煮込んだ「タンシチュー」や松江名物「カツライス」もハズせない!

 

このほか、洋食の定番「タンシチュー」や、一説には『西洋軒』が発祥とも言われる松江のご当地グルメ「カツライス」もオススメなんです。

タンシチューは秘伝のデミグラスソースで丸2日間じっくり煮込んで仕上げられている手間ひまかけたひと品。やわらかなタンの食感も絶妙で、肉のうま味が加わり、深みのあるソースの味わいは食通のみなさんをも唸らせるほどの絶品です。

【関連記事】永く愛される“松江グルメ”『レストラン西洋軒』のカツライス

一方の「カツライス」にも長年継ぎ足されたデミグラスソースがサクサクのカツの上にたっぷり。

 

創業当時の雰囲気残るクラシックな『西洋軒』で松江市民が誇る伝統の味を

 

1階はカウンター席で、ふらっとおひとり様でも立ち寄りやすい一方で、2階はテーブルと座敷がメイン。代々『西洋軒』のファンという3世代ファミリーなどにも利用しやすい造りです。

今度、子どもを連れて来て、この味を次世代にも伝えていきたいな~と思わせてくれる、そんな名店です。

 

情 報:Twitter

 

情報提供元:日刊webラズダ    https://www.lazuda.com/news/archives/2482

名 称 レストラン『西洋軒』
住 所 島根県松江市片原町111
電話番号 0852-22-3434
営業時間 11:30~14:00(OS),17:30~19:30(OS)
定休日 日曜日
駐車場 3台